【相談員の心構え】


キャンプはボランティアの方の協力なしにはなりたちません。参加を決定した場合、“責任”を持って対応していただくようお願いします。無断キャンセルなどするようないようにお願いします。
キャンプ中は自分のことより、“子ども”達の安全、安心ことを第一に考えてもらうようにお願いいたします。

また、社会通念上のマナーをお守りいただける方のみお申込みください。
 
特にキャンプや登山などの専門的な技術は必要ありません。初めての方でも問題ありません。相談員のみなさんにはボランティアという形での参加となりますが、楽しいキャンプを子供達に体験してもらうためにご協力いただいております。

 お友達と一緒に参加する場合は1人の方がキャンセルされても残りの方は来ていただくようお願いします。「(友達がキャンセルしてしまった時に)だれかと一緒でないと参加できない」と思う程度のお気持ちの方は初めから参加をご遠慮ください。またカップルでの同日程での参加はできません(経験者のみ許可制で参加可能)。

原則的に10代後半から20代、30代の方を募集しております。40代以上でもスキー又はスノーボードで安全に緩斜面を滑走でき且つ教育分野に関心があったり専門知識がある場合、またはすでに幣団体に参加経験がある方は参加可能です。)

相談員の役割

なみあいキャンプに参加するおとな(ボランティア)を「相談員」または「カウンセラー」と呼んでいます。
役割決めはこちらにご一任ください。役割によって子ども達に関われる度合いが違ってきますが、どの役割になっても陰日向なく頑張ってくれる方を募集しております。
●グループカウンセラー
⇒ 5人前後の子ども達と、共に生活する役割を「グループカウンセラー(GC)」と呼びます。 相談員の7割程度がGCになります。各グループに一人のGCがつきます。 寝食入浴を共にしていただき、子ども達の心身の安全確保やサポートをしていただきたいと思います。女性の方は男の子の班を担当していただくことはありますが、入浴、着替えは別となります。
●スタッフカウンセラー
⇒ 周囲でキャンプを支える相談員を「スタッフカウンセラー(SC)」と呼びます。
保健係・食品係・道具係等があります。主に経験者・希望者・高校生が担当します。
キャンプ活動の進行・説明は原則職員で行います。経験相談員がサポートしてくれます。キャンプが初めての方でも安心してご参加いただけますし、相談員自身もキャンプを楽しんでもらいたいと思っています。